ここから本文です

菅田将暉、みんなの“たけるん”よりモテる役で恐縮

シネマトゥデイ 8月30日(火)21時18分配信

 俳優の菅田将暉が30日、都内で行われた映画『何者』完成披露試写会舞台あいさつに佐藤健と共に出席し、佐藤よりもモテる自身の劇中でのキャラクター設定について嘆いた。

【写真】佐藤健×有村架純×二階堂ふみ×菅田将暉×岡田将生×山田孝之!

 直木賞作家・朝井リョウのベストセラー小説を映画化した本作は、就職活動を通して自分が「何者」かを模索する5人の大学生たちの姿を、恋愛、友情、裏切りなど、リアルな日常を交えて描いた青春物語。就活前は大学の演劇サークルに全力投球していた冷静分析系男子・拓人を佐藤が演じ、バンドのボーカルも務める天真爛漫系男子で、拓人が思いを寄せる瑞月(有村架純)の元カレ・光太郎を菅田が熱演する。

 「いやぁ、大変ですよ! みんなの“たけるん”(佐藤)よりモテる設定ですから。結構ドキドキしていました」と撮影を振り返った菅田は、役作りのために有村に光太郎のどういうところが好きかを尋ね「真っ直ぐなところ」と返事をもらったことを明かすが、それに対して佐藤は「ノロケ?」と冷静にツッコみ。慌てて「いやいや、演技論です」と釈明する菅田は、ここでもドキドキが止まらない様子。

 この日は2人のほか有村、二階堂ふみ、岡田将生、山田孝之、三浦大輔監督も登壇。山田は「スターキャストが集まっている所に便乗してしまおうという気持ちで来たので、あまりしゃべることがない」とシニカルな笑いを交えてあいさつ。岡田は「撮影が数日だったので、あまり皆さんとお話ししなかったんですよね」と振り返ったが、実は相当おしゃべりしていたようで、「僕たちの思い出がすべて忘れ去られてる」(佐藤)「最低……」(菅田)とツッコまれてタジタジだった。

 笑いが絶えない本イベントがあっという間に終わりの時間を迎えると、佐藤は「無駄話し過ぎたかなぁ」と反省しながらも、「心から、三浦監督のもとで、このメンバーとお芝居に真っすぐに向き合って作品を作れたことを幸せに思います」とコメント。熱いメッセージに客席からは大きな拍手が沸き起こった。(取材/錦怜那)

映画『何者』は10月15日より全国公開

最終更新:8月30日(火)21時34分

シネマトゥデイ