ここから本文です

【新潟記念】クランモンタナ“びっくりV”ならシリーズ王者

デイリースポーツ 8月30日(火)6時4分配信

 「新潟記念・G3」(9月4日、新潟)

 音無師がチョーご機嫌だ。「今回もびっくりさせてほしいね」。何のことかと言えば、新潟記念に出走させるクランモンタナ。前走の小倉記念では通算40戦目にして重賞初勝利を飾った。それが11番人気の低評価だったから笑いが止まらない。

 24日の1週前追い切りは栗東坂路でいっぱいに追って4F54秒1-12秒8。時計のかかる馬場状態でタイムはそれほど速くなかったが、最後までしっかり伸びていた。師は「馬場が重かったので、ちょっとやりすぎたかもしれない。もう少し軽くてもよかったが、調子がいいから動けるのだろう」と、ひとまず合格点を与えた。

 連続で騎乗する和田は「前走は理想的な競馬ができました。思ったよりもズブかったが、エンジンがかかればしぶとく伸びる」と、笑顔で振り返る。調教に騎乗して同馬のクセをつかんでいたファインプレーだった。

 今年のサマー2000シリーズは例年にも増して大混戦。最終戦には七夕賞のアルバートドック、函館記念のマイネルミラノ、そして小倉記念のクランモンタナと、3場の覇者が顔をそろえることになった。勝てば文句なしのシリーズチャンピオン。意外性を秘めるクランモンタナが大仕事を成し遂げる。

最終更新:8月30日(火)8時17分

デイリースポーツ

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ