ここから本文です

宮城「防災明かりこけし」1位 47CLUB北海道・東北の商品審査会

福島民報 8月30日(火)9時43分配信

 全国の地方新聞社が運営するインターネット通販サイト「47CLUB(よんななクラブ)」の商品発掘企画「こんなのあるんだ!大賞2016」の北海道・東北ブロックの審査会は29日、福島市の福島民報社で開かれた。宮城県の工芸品「防災明かりこけし」が1位に選ばれ、福島県会津若松市のパティスリー白亜館のゼリー「水さやか」が2位に入った。
 福島民報社、北海道新聞社、東奥日報社、デーリー東北新聞社、秋田魁新報社、岩手日報社、山形新聞社、河北新報社の加盟8社からご当地グルメや工芸品など14点が出品された。各社の担当者が商品の特徴や地域をPRした上で、投票した。
 1位の「防災明かりこけし」は、地震の揺れで倒れると自動で発光ダイオード(LED)ライトが点灯する。10月に東京都内で開かれる全国大会に出品される。県内からは喜多方市のしんたにの蜂蜜酒「会津ミード 花織」も出品された。

福島民報社

最終更新:8月30日(火)10時4分

福島民報