ここから本文です

秋葉原に魔法学院テーマのカフェ「アフィリア」 エンタメ業界女性向けサービス充実 /東京

みんなの経済新聞ネットワーク 8月30日(火)12時0分配信

 秋葉原にテーマカフェ「アフィリア・クロニクルS」(千代田区外神田4)が8月8日、出店した。(アキバ経済新聞)

 「アフィリア」は、9th.(豊島区)とマルチクリエーターの志倉千代丸さんがプロデュースする飲食店ブランド。古代に栄えた魔法王国「アフィリア」の外れにある魔法使い育成学校「王立アフィリア魔法学院」をテーマに、同校に通う見習い魔女っ子たち(=同店スタッフ)が、来店客を同校の卒業生「センパイ」として出迎える。1号店は2005年、池袋に出店。これまで、同ブランドでガールズカフェやダイニングを全国7店舗展開する。

 8店舗目となる秋葉原の「アフィリア・クロニクルS」は、レストラン業態としてオープン。「ビーフ・ド・カリー」(1,000円)、「学院バーグセット」(1,200円)、「ストーンフレイヤバーガー」(900円)などフード約30種や「ドラゴンパンケーキ」(900円)などデザート6種、ドリンク80種以上を取りそろえる。

 中でも、音楽シーンで活躍するアイドルをはじめエンターテインメント業界に貢献する女性を優遇するシステム「エンタメPASS」が特徴。チャージが無料になるほか、アイドル優先エリアの利用やワンコイン(500円)のスペシャルメニュー「まかない」の提供などの特典を設け、「エンタメ系女子に優しい施設」(同店)とアピールしている。

 営業時間は11時30分~22時30分(土曜・日曜・祝日は10時~)。テーブルチャージは1時間ごとに、男性=700円、女=400円。

みんなの経済新聞ネットワーク

最終更新:8月30日(火)12時0分

みんなの経済新聞ネットワーク