ここから本文です

あの全米準Vから2年…錦織圭“足踏み”状態は何が原因か

日刊ゲンダイDIGITAL 8月30日(火)17時0分配信

 壁を破れない状態が続いている。

 錦織圭(26=世界ランク7位)が14年の全米オープン決勝戦で日本中を沸かせてから、はや2年が経つ。13年末に11位だった世界ランクは、同年末にマイケル・チャンをコーチに招聘して、一時は4位まで上がったものの、4大大会のファイナルは14年の全米が最後。マスターズ1000の優勝さえ実現していない。

 実力が違うと言えばそれまでだが、同ランク2位のA・マレー(29=英国)は今年6月、元世界1位のI・レンドルとの師弟関係を2年ぶりに復活させて、すぐに全英に勝ち、五輪も連覇した。マレーの4大大会制覇は13年全英以来、3年ぶりだった。

「レンドルをチームの一員に再加入させた目的は、もちろん打倒ジョコビッチと世界ランク1位の座を奪取すること。マレーは14年3月にレンドルとの師弟関係を終えた後、元世界1位の女性コーチ、モレスモに指導を受けてきた。その間ジョコを倒すことはできず、今年の全豪も決勝で敗れ5月に決別した。皮肉なことにジョコは6月の全仏でもマレーに勝ち、史上8人目となる生涯グランドスラムを達成。マレーは全仏でジョコに負けた直後にレンドルをコーチに呼ぶと、これまで以上にフォアハンドがよくなり攻撃的なプレーが増えた。マレーに限らず、自分の状態や目標、方針転換、新たな課題が見つかるなどの理由でコーチを代える選手は珍しくない」(テニスライター)

 ちなみに、マレーが全英決勝で倒したラオニッチ(25=カナダ)は今大会開幕直後に、芝コート限定コーチだったJ・マッケンローと離れたと報じられた。

 マイケル・チャンと錦織の関係は13年末からスタート。今季はコンビを組んで3年目だが、マレーやジョコビッチとの差は一向に埋まらない。個人競技のゴルフやテニスはとりわけコーチ選びが成績を左右する。今季最後の4大大会の成績は、来季のコーチ契約に影響を与えるかもしれない。

 錦織の全米1回戦は日本時間31日の午前0時(現地30日午前11時)から行われる予定。相手は96位のB・ベッカーだ。

最終更新:8月30日(火)17時0分

日刊ゲンダイDIGITAL

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]