ここから本文です

川崎重工の創立120周年記念展…三式戦「飛燕」を展示 10月15日から

レスポンス 8月30日(火)12時46分配信

川崎重工業は、今年10月15日に創立120周年を迎えることを記念して、神戸ポートターミナル・大ホールで「川崎重工創立120周年記念展 - 世界最速にかけた誇り高き情熱 -」を開催する。

期間は10月15日から11月3日まで。

記念展では、同社岐阜工場で修復、復元作業を終えたばかりの三式戦闘機「飛燕」の実機を展示するとともに、その修復プロジェクトとエンジン過給機の技術の歴史と進化を中心に紹介する。

第二次世界大戦中に同社が開発・製造した「飛燕」は、国内に現存する唯一の機体が、昨年夏まで29年間、知覧特攻平和会館(鹿児島県南九州市)に展示されていた。この「飛燕」は、経済産業省が認定する「近代化産業遺産群」の一つとして認定された航空遺産。

同社は、「飛燕」を所有する日本航空協会の依頼を受け、その正しい姿が永く後世に伝わるよう、同機の生まれ故郷である岐阜工場で、同協会の監修の下、破損部位の修復、欠損部品の復元などを行ってきた。

入場は無料。

《レスポンス レスポンス編集部》

最終更新:8月30日(火)12時46分

レスポンス

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]