ここから本文です

「キング・オブ・エジプト」ブレントン・スウェイツ、体操・白井健三ソックリと認める

映画.com 8月30日(火)22時45分配信

 [映画.com ニュース] 世界20カ国でオープニング興行収入第1位を獲得した冒険スペクタクル映画「キング・オブ・エジプト」のジャパンプミレアが8月30日、東京国立博物館で行われ、主演のブレントン・スウェイツとヒロインのコートニー・イートン、日本語吹き替え声優を務めた「Kis-My-Ft2」の玉森裕太と永野芽郁が出席。初来日を果たしたスウェイツとイートンは集まった500人のファンの声援に笑顔で手を振り「温かく歓迎してくれて嬉しく思います」(スウェイツ)、「来ていただいてありがとうございます! 皆さんとってもかわいいですね」(イートン)と感謝を示した。

【フォトギャラリー】この日のジャパンプレミア、その他の写真はこちら

 「マレフィセント」のフィリップ王子役で脚光を浴びたスウェイツは、「パイレーツ・オブ・カリビアン」シリーズ最新作ではジャック・スパロウの相棒役に抜てきされ、“ポスト・オーランド・ブルーム”として期待されている。日本では、リオ五輪・体操メダリスト(個人種目別跳馬で銅メダル、男子団体で金メダル)の白井健三選手に似ていると話題になっていることを知らされると、「聞いています」と告白。客席から笑い声があがるなか、「本当によく似ている。私みたいに髪と髭を伸ばせばそっくりになると思います」と太鼓判を押した。

 だが、玉森と永野は「どうなんだろう」と納得いかない様子。さらに玉森は「イケメン! 普通に見ちゃっていました(笑)。僕もブレントンさんみたいな顔になりたい!」と凝視し、「サーフィンやられているんですよね? やられてどのくらいになるんですか? ぜひ、機会があれば」と波乗りに誘うなど、スウェイツに猛アプローチしていた。

 一方のイートンは、「マッドマックス 怒りのデス・ロード」でとらわれの花嫁の1人として映画デビューを果たした新進女優だ。アジア系やマオリ族の血を引くエキゾチックな容姿が注目されているが、その美しさに永野も「隣に並んじゃいけないくらいきれい。直視できない」と大興奮。「いつもインスタグラムを見ているんですけど、そこに載ってる写真がすごくおしゃれでかわいいなと思っていたんです。一緒に撮ってくれませんか?」とリクエストしていた。

 「アイ,ロボット」のアレックス・プロヤス監督がメガホンをとった本作は、荒廃した古代エジプトを舞台に、盗賊ベックと天空の神ホルスが王に君臨するために必要なアイテム「神の眼」を探す冒険を描く。9月9日から全国公開。

最終更新:8月30日(火)22時45分

映画.com

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。