ここから本文です

【U―18アジア選手権】日本が香港に7回コールド勝ち 寺島―島ノーヒットリレー

東スポWeb 8月30日(火)15時58分配信

「第11回 BFA U―18 アジア選手権」は30日、台湾・台中インターコンチネンタル球場で予選ラウンドの香港戦が行われ、日本は19―0で7回コールド勝ち。ノーヒットノーラン、17安打の完勝で開幕戦を飾った。

「高校BIG3」の一角、先発の寺島(履正社=3年)は5回を投げ12奪三振と圧巻の投球。序盤こそ国際試合特有のストライクゾーンに苦戦したが、許した走者は2回に四球で出した1人のみ。6回からマウンドに上がった島(東海大市原望洋=3年)も2回を5奪三振と香港打線を力でねじ伏せた。

 打っては1番・納(智弁学園=3年)が4打数4安打とリードオフマンとしての役割を果たし、3回には鈴木(静岡=3年)の2ランなど打者一巡、6安打7得点の猛攻で香港を突き放した。

 寺島は「攻めた結果が今日の結果。(初戦なので)チームの勢いをつけようと、それだけを考えた。点差で言うと90点」と納得の表情。3回の猛攻を締めくくる本塁打を放った鈴木は「自分のスイングをやれば結果はついてくる。甲子園行ってないメンバーの代表として責任感がある。チームの主軸として頑張りたい」と語った。

最終更新:8月30日(火)16時15分

東スポWeb

スポーツナビ 野球情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]