ここから本文です

作新学院・今井“台湾の大谷”斬る!エースで4番、すでにドラ1プロ入り決定の強敵

デイリースポーツ 8月30日(火)6時4分配信

 野球のU-18アジア選手権(30日開幕・台湾)は29日、公式記者会見が台中市内で行われた。高校日本代表の今井達也投手(3年)=作新学院=は1次リーグ最大のライバル・台湾のエースで4番の陳琥(チェン・フー)投手と対面。すでにドラ1でのプロ入りが決まっている“台湾の大谷”斬りで、チームを優勝に導くことを誓った。1次リーグは2組に分かれ、A組の日本は30日に香港、31日に台湾、9月1日にインドネシアと対戦する。

 強敵の出現に闘志は高まった。台湾・陳琥と握手をかわした今井は「試合で当たる機会があれば、全力でぶつかりたい。自信のある真っすぐで押したい」と、力強く話した。

 相手は地元のNo.1選手だ。最速149キロ右腕で左打ちのスラッガー。今年の全国大会では優勝の原動力となりMVP、最優秀投手、6戦3発で最多本塁打など、個人賞を総ナメにした。高校生史上最高の契約金で中信兄弟からドラフト1位指名され、今大会パンフレットでは“台湾大谷的”と紹介されている。

 陳琥も日本のエースとの対戦を心待ちにした。「甲子園は台湾の選手のあこがれ。優勝投手と写真を撮れて光栄」とたたえつつ「ライバル?もちろん日本。対策を立てたい」と、不敵に笑った。

 優勝を目指す上でも、第2戦の台湾戦はヤマ場。小枝守監督(65)は「投げ合いをさせたい」と今井先発を示唆。台湾メディアの取材も受けた今井は「日本以外でも知って下さる方がいてビックリ。感謝の気持ちをプレーで伝えたい」と全力投球を約束した。

最終更新:8月30日(火)7時25分

デイリースポーツ

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合9月28日(水)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]