ここから本文です

車中泊での一酸化炭素中毒から身を守る…ドッペルギャンガー、CO計測器を発売

レスポンス 8月30日(火)13時0分配信

ビーズは8月30日、同社アウトドア用品ブランド「ドッペルギャンガーアウトドア」より、一酸化炭素の濃度上昇を知らせる「キャンプ用一酸化炭素チェッカー」を発売した。

[関連写真]

キャンプ用一酸化炭素チェッカーは、空気中の一酸化炭素濃度を計測し、規定値以上の一酸化炭素を5分以上検知し続けると、ライトの点滅やアラーム音で警告。アウトドアでの使用を考慮し、幅46×高さ72×奥行き15mmと、手軽に持ち運びができる手のひらサイズとなっている。

ボタンの長押しだけで電源のオンオフが操作でき、複雑な設定は不要。搭載するセンサーは日本製で、湿度の高い環境でも安定した検知ができる電気化学式を採用。 野外での使用を前提に、落下や振動、衝撃に対する耐久性も備えている。

一酸化炭素は無色透明で無臭の有毒ガス。吸引すると一酸化炭素中毒になり、最悪の場合死に至ることもある。近年、車中泊などで排気ガスが車内に充満し、一酸化炭素中毒事故も発生。新製品は、そのような事態を未然に防ぐためのアイテムとなる。

価格(税別)は1万5000円。

《レスポンス 纐纈敏也@DAYS》

最終更新:8月30日(火)13時0分

レスポンス

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]