ここから本文です

「GTI」生誕40 周年記念特別限定車「ゴルフ GTI Clubsport(クラブスポーツ)」の第2弾発売

エコノミックニュース 8/30(火) 13:29配信

 フォルクスワーゲン(VW)ジャパンは、同社スポーツモデルの象徴ともいえる初代「ゴルフGTI」生誕40 周年を記念して開発した特別限定車「ゴルフ GTI Clubsport(クラブスポーツ)」の第2弾をリリースする。限定車第2弾のモデル名は「Golf GTI Clubsport Street Edition(ストリート・エディション)」だ。

 今回導入する「Golf GTI Clubsport Street Edition」は、FF(前輪駆動)モデルとしての走行性能を最新のVWテクノロジーで徹底的に磨き上げた「Clubsport」シリーズの第1 弾である「Track Edition(トラック・エディション)」に続くハイパフォーマンスモデル。

 サーキット走行をイメージし、内外装をアレンジした「Track Edition」に対して、今回導入する「Street Edition」は、より身近に「GTI Clubsport」の魅力を楽しめるように、機能、快適装備を充実させたモデルといえる。

 パワートレーンは「Track Edition」と同じ、ベースモデル比45psアップした最高出力195kw(265ps)、最大トルク350Nm(35.7kg.m)を発生する最新の2リッター TSI エンジンと6 速DSG を組みあわせている。さらにアクセルペダルを強く踏み込むだけで、約10 秒間、「Golf R」を超える最高出力213kw(290ps)と最大トルク380Nmが得られるブーストシステムが作動する。

 出力&トルクのアップに伴って駆動系&ブレーキも強化され、電子制御油圧式フロントディファレンシャルロックと大径ブレーキディスク(フロント340mm/リア312mm)などを標準装備とした。タイヤ&ホイールは、225/40 R18タイヤ/7.5Jアルミとなる。

 インテリアは、スマートエントリー&スタートシステムである「Keyless Access」などを採用し、日常での使い勝手を向上させ、赤いステアリングセンターマークを配した「GTI」ロゴ付アルカンターラ巻き専用ステアリングホイールなど、標準の「Golf GTI」よりもよりレーシーなイメージに仕上げた。

 今回導入する「Street Edition」では専用の18 インチアルミホイールとスポーツシートを採用してドライバーの高揚感を高めてはいるものの、より気軽に「GTI Clubsport」のスポーティな走りの神髄を体感できる仕様となっている。

 エクステリアも「Track Edition」同様、フロントには、光沢ブラック仕上げのエアディフレクターを兼ね備えたフロントバンパーが装着され、エンジンへの空気の吸気量を向上させるとともに、フロントの空力性能とダウンフォースの向上に成功した。また、リヤスポイラーは、標準の「GTI」に搭載しているスポイラーよりも大型化したことで、リヤアクスルのダウンフォースの最適化に貢献したという。

 今回導入する「Street Edition」は計350台の限定。ボディカラーは、ディープブラックパールエフェクトとオリックスホワイト・マザーオブパールエフェクト(有償オプションカラー)の2色とし、価格(税込)は449.9万円となった。(編集担当:吉田恒)

Economic News

最終更新:8/30(火) 13:29

エコノミックニュース

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。