ここから本文です

「Girl’s Day」、発展途上国の女の子のためのグラビア撮影

WoW!Korea 8月30日(火)12時1分配信

韓国ガールズグループ「Girl’s Day」が発展途上国の女の子たちに希望を伝達するためのグラビア撮影をおこなった。

Girl’s Dayのプロフィールと写真

 「Girl’s Day」は最近、国際救護開発NGO「PLANKOREA」、雑誌「GRAZIA」と共にキャンペーングラビアを撮影した。

 今回のキャンペーングラビアは発展途上国の女の子たちに希望をプレゼントする予定だ。

 特に「Girl’s Day」だけでなく女優キム・ソンリョン、チョン・ミソン、ぺク・ジニ、ムン・ガヨン、パク・ナレ、キム・ジミンらPLANKOREAの広報大使らは発展途上国の女の子たちが直面した様々な難しい現実を知らせるために、BIAAG(Because I am a girl)キャンペーンTシャツを着てグラビア撮影をおこなった。

 また広報大使らはグラビアに加え、自分たちが発展途上国を訪問しボランティア活動を広げて、直接経験した該当国家の女の子たちの劣悪な環境や直面した問題を自ら読者に話す映像も制作する計画だ。

最終更新:8月30日(火)12時1分

WoW!Korea

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。