ここから本文です

スバル富士重、世界生産台数が9か月ぶりのマイナス…国内稼働日数減少 7月実績

レスポンス 8月30日(火)13時58分配信

富士重工業が発表した2016年7月の生産・国内販売・輸出実績によると、世界生産は前年同月比1.1%減の7万7309台で9か月ぶりのマイナスとなった。

[写真:スバル・アウトバック]

国内生産は同9.3%減の6万1133台で7か月ぶりのマイナス。販売好調により高水準の生産が続いているが、前年同月比で稼働日数が2日少なかったため微減となった。海外生産は同49.3%増の1万6176台で、2か月連続のプラス。旧カムリ製造ラインでスバル車の生産を開始したため、大幅増となった。

国内販売は同12.7%減の1万2275台で、4か月ぶりのマイナス。登録車は同18.3%減の8906台で4か月ぶりのマイナス。『フォレスター』が好調を維持しているが、その他の車種が減少した。軽自動車は『ステラ』『プレオ』『サンバー』が増加し、同6.3%増の3369台で、11か月ぶりのプラスとなった。

輸出は、同2.2%増の5万4418台で2か月ぶりのプラス。主に北米向けや、その他の地域向けの『インプレッサ』、フォレスターが増加した。

《レスポンス 纐纈敏也@DAYS》

最終更新:8月30日(火)13時58分

レスポンス

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]