ここから本文です

校歌・応援歌CDに録音 双葉高「歌う会」 生徒や卒業生ら

福島民報 8月30日(火)11時35分配信

 双葉高の校歌・応援歌を歌う会は29日、福島県いわき市のいわき明星大で開かれ、生徒や卒業生らが校歌などをCDに録音した。
 双葉高休校記念事業の一環。実行委員会が後世に歌い継ごうと企画した。在校生や卒業生、教職員約40人が参加。心を一つに校歌と応援歌2曲を歌い上げた。「楢葉楢葉のいにしえの」「歩み固かれ目は遠く」など、古里への思いが詰まった歌詞を澄んだ声で合唱した。
 CDは今後編集し、11月5日に市内で催す休校記念式典の参加者全員に配布する。
 中井芳秋同窓会長は「いつか来る学校再開の日に校歌を元気に歌えるよう、次世代に継承したい」と話した。
 双葉高は東日本大震災と東京電力福島第一原発事故による避難や生徒減少のため、来年3月で休校する。

福島民報社

最終更新:8月30日(火)11時38分

福島民報