ここから本文です

イチロー、日米通算23年連続2桁盗塁 R・ヘンダーソンのメジャー記録に並ぶ

デイリースポーツ 8月30日(火)9時27分配信

 「メッツ-マーリンズ」(29日、ニューヨーク)

 マーリンズのイチロー外野手(42)はメッツ戦に「6番・右翼」で出場し、四回に今季10盗塁目となる二盗に成功。日米通算23年連続2桁盗塁をマークし、リッキー・ヘンダーソンのもつメジャー記録に並んだ。

 代打で途中出場した2試合を含め、4戦連続無安打で迎えたこの日のメッツ戦。二回の第1打席は右腕のモンテロに対し、カウント1-2からの4球目、内角低めのスライダーに空振り三振を喫した。

 24日のロイヤルズ戦以来、5戦11打席ぶり(2四球含む)の快音は四回だ。2死無走者の場面で初球、内角の153キロを詰まらせながら左前へ運んだ。

 次打者スクラグスの打席ではカウント2-2から今季10盗塁目となる二盗に成功。日米通算23年連続2桁盗塁でリッキー・ヘンダーソンのメジャー記録に並んだ。

 歴代最多の通算1406盗塁の記録をもつヘンダーソンは1979年から2001年まで23年連続で10盗塁以上をマーク。01年は42歳で25個の盗塁を成功させている。

最終更新:8月30日(火)10時0分

デイリースポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。