ここから本文です

JAL、東京=ニューヨーク線就航50周年を記念して特別機内食を提供

レスポンス 8月30日(火)15時16分配信

日本航空(JAL)は、東京=ニューヨーク線が2016年11月12日で就航50周年を迎えることを記念し、期間限定で特別機内食・機内エンターテインメントを提供する。

[関連写真]

就航50周年を記念してJALニューヨーク発東京行特別機内食を9月1日~11月30日の期間限定で提供する。ニューヨーク産の素材を使用した食事を用意する。

また、機内エンターテインメントでは、オーディオ番組「JAL Special ~We Love New York~」でニューヨークにまつわる名曲を用意するとともに、ニューヨークを舞台にした映画も設定する。

同路線は、1966年11月12日、招待客58人、一般52人、添乗者8人を乗せて、DC-8型機「SETO」号(JA8015)で初就航した。この時の旅程は、東京=ホノルル=サンフランシスコ=ニューヨークで運航していた。当時、週2往復で運航され、1967年3月の世界一周路線開設と同時に週5往復に増便した。現在では1日2便、週14往復で運航している。

《レスポンス レスポンス編集部》

最終更新:8月30日(火)15時16分

レスポンス