ここから本文です

永六輔さんお別れの会に故忌野さんから献花「上を向いて歩こう」カバーして以来親交

デイリースポーツ 8月30日(火)10時28分配信

 肺炎のため7月7日に亡くなった放送タレント・永六輔さん(享年83)のお別れの会が30日、東京・青山葬儀所で午前11時から行われた。会場には2009年に亡くなったロック歌手の故忌野清志郎さんからの献花が飾られた。

 関係者によると、花は忌野さんの所属事務所から届けられた。忌野さんはRCサクセション時代の1979年にリリースしたシングルで、永さんが作詞した名曲「上を向いて歩こう」をカバー。忌野さんの独特な歌い方で坂本九さんのオリジナルとは違った魅力を放つ一曲で、永さんの次女でフリーアナウンサーの永麻理(55)は「父がカバーをすごく気に入って、それ以来の親交があった」と明かした。

最終更新:8月30日(火)11時28分

デイリースポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。