ここから本文です

【W杯アジア最終予選】柏木“改心” 体つくって貢献したい

東スポWeb 8月30日(火)16時42分配信

 ロシアW杯アジア最終予選UAE戦(9月1日、埼玉)に臨む日本代表は29日に埼玉県内で練習を行った。

 MF柏木陽介(28=浦和)が超本気モードになった。初体験のW杯最終予選は、年齢的に最初で最後になる可能性もあるだけに、意欲は高い。「昔は代表で太っていても、なんとなくやっていた。“試合に出れなくてもいいや”という感じだった。今は体をつくって本気でチームに貢献したいと思う」と“改心”を強調した。

 あふれ出すやる気はFKキッカーへの立候補にも表れている。「(同じ左利きの本田)圭佑君もいるけど、蹴りたい人はいる。自分もここぞというチャンスでは蹴りたい」。所属の浦和ではキッカーを任されており、キックの精度には自信もある。これまで本田の独壇場だった役割を実力で“強奪”する構えだ。

 さらに「遠慮せずに自分の言いたいことを言っていきたい」と、チーム内で積極的に意見していくこともいとわない。勝つために必要なことは何でもやっていく。ようやく本気になった柏木がハリルジャパンをリードする。

最終更新:8月30日(火)16時42分

東スポWeb