ここから本文です

アネッサCM楽曲は名曲揃い!夏終盤にまとめて聴き直したい5曲

M-ON!Press(エムオンプレス) 8月30日(火)22時49分配信

この季節になると誰もが必ず見かけるであろう「アネッサ」のCM。

出演しているきれいで透明感のあるCMモデルの影響で、少々お高いことも忘れて購入……なんてまんまとCMの策にはまっている人も多いのでは?

今回ご紹介した曲のMVはこちら

そんなアネッサのCM、「今年は誰かな~」と楽しみにしている人も多いかと思いますが、実はCMソングもアツいんです!!!

■2016年 サカナクション「タイトル未定」

夏を駆け抜け、汗さえも爽やかに見せる真木よう子が出演し、話題となった今年。音楽を担当するのはサカナクション。昨年の映画「バクマン。」の主題歌「新宝島」で、長年の人気にさらに拍車をかけています。タイトルは未定ですが、書き下ろしの新曲です。
ではここで、過去のアネッサCMを、楽曲に注目して振り返ってみましょう。サビになれば誰しも「あ! 知ってる!」となること間違いなし。

■2015年 KANA-BOON「なんでもねだり」

大型フェスはもちろん、多くのテレビ出演も果たしており知名度抜群のKANA-BOON。そんなKANA-BOONがCMソングを書き下ろすのは、アネッサが初だったとのことです。一度聴いただけで口ずさんでしまいそうなリズムは、KANA-BOONの持ち味ともいえます。

■2014年 ユニコーン「あなたが太陽」

数々のCMソングやアニメ、映画などの主題歌を担当してきたユニコーン。最近では、ドラマ「重版出来!」の主題歌「エコー」でも注目を浴びました。このMVのまさかの小ネタには、良い意味で期待を裏切られます。ユニコーンのユーモアセンスをぜひご賞味ください。

■2013年 クリープハイプ「憂、燦々」

個性派バンドとして知られているクリープハイプ。この曲を作る際、資生堂側から「You Sun Sun (ゆうさんさん)」というフレーズの指定があったらしいのですが、それをうまく「憂、燦々」に置き換え、クリープハイプ色に変身させています。そのセンスに脱帽です。

■2012年 星野 源「夢の外へ」

音楽に俳優に文筆に……多方面で大活躍な星野 源。10月から放送のドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」に出演&主題歌も決定しています。耳当たりの優しいサウンドが、誰からも愛される秘訣なのではないでしょうか。

来年はどのアーティストがアネッサの夏を奏でてくれるのでしょうか?
皆さんも、出演女優さんに加えアーティストも予想してみては!?

PHOTO:(C) jackiebabe

最終更新:8月30日(火)22時49分

M-ON!Press(エムオンプレス)