ここから本文です

メイプル超合金が悪役に変身「クリソツです」カズレーザーはジョーカーに

お笑いナタリー 8月30日(火)15時27分配信

映画「スーサイド・スクワッド」の公開直前イベントが本日8月30日に都内にて行われ、メイプル超合金がゲスト出演した。

デヴィッド・エアー監督の「スーサイド・スクワッド」は、DCコミックスのヴィラン(悪役)たちが主人公のアクション作品。本日のイベントでカズレーザーはバットマンの宿敵・ジョーカーに、安藤なつはそのジョーカーを愛するハーレイ・クインにそれぞれ扮して登場した。安藤なつは「これは完コピですね。クリソツです!」と自身の扮装を評価。カズレーザーは普段の全身赤の装いではなく、緑色の髪に白塗り、タトゥー柄といった姿で現れ「ヒーローで一番カッコいいのがコブラだとしたら、悪役で一番カッコいいのはジョーカーです」と訴えた。

この作品でメイプルは日本語吹替版声優を務めている。安藤なつはジョーカーに脅されて捕まえられた科学者の妻役。カズレーザーは怪力ワニ男のキラー・クロック役を演じ、会場でも劇中の名セリフを再現することに。しかしカズレーザーは「心配ないさー!」と大西ライオンの持ちギャグを思わせるフレーズでボケたほか、ダンディ坂野の「ゲッツ!」も披露して会場の笑いを誘った。

「スーサイド・スクワッド」は来月9月10日(土)に全国公開される。

メイプル超合金 コメント
安藤なつ:この作品は個々のキャラクターが立っていて、目でも楽しく、アクションも楽しい。そしてハーレイ・クインの恋愛体質は「わかるな」って共感しちゃいます、キュンキュンしました。悪党ながら人間くさくもあり、ハーレイの純粋なところも見どころです。

カズレーサー:バチバチのアクションにアゲアゲの音楽、そしてめちゃくちゃなキャラクターと、盛り上がらないはずない! 残暑と台風も吹き飛ばす楽しい映画なのでぜひ観てほしいです!

(c) 2016 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC., RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC AND RATPAC ENTERTAINMENT, LLC

最終更新:8月30日(火)15時27分

お笑いナタリー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。