ここから本文です

イチロー「『行かない』という選択はなかった」好判断の二塁打で先制点につなげる

デイリースポーツ 8月30日(火)12時52分配信

 「メッツ2-1マーリンズ(延長10回)」(29日、ニューヨーク)

 マーリンズのイチロー外野手(42)はメッツ戦に「6番・右翼」で出場し、4打数2安打1得点、1盗塁だった。今季21度目のマルチ安打で打率は・298。メジャー通算3011安打とし、ウェード・ボッグスを抜いて歴代単独27位に浮上した。四回には今季10盗塁目となる二盗を決めて日米通算23年連続2桁盗塁をマーク。リッキー・ヘンダーソンのもつメジャー記録に並んだ。試合は、延長十回サヨナラ負けで3連敗。

 イチローが果敢に攻めたのは両軍無得点の八回の第4打席だ。2死走者なし。カウント0-1からの2球目、中継ぎ右腕リードの投じた内寄り低め、145キロ速球をセンターの右へ鋭く弾き返した。相手中堅手が懸命にグラブを伸ばして止めた当たり。迷うことなく一塁を蹴ったが、セーフになる確率は「半々かなという感じですよね」とイチロー。最後はスライディングで二塁を陥れた走塁について「『行かない』という選択はなかったですね」と振り返った。

 四回の左前打と合わせ、今季21度目のマルチ安打。後続の二塁打で先制ホームを踏んだ攻撃にマッティングリー監督は「チームにとって大きな2本だった。得点するタイミングもよかった」と話した。

 四回に出塁した際には日米通算23年連続2桁盗塁となる二盗に成功。42歳でシーズン10盗塁以上はヘンダーソン、ビスケル、ワグナーに続いて史上4人目と聞かされたイチローは「へぇ、そんなに少ないとは思わなかったですね」と意外な様子だった。

最終更新:8月30日(火)13時44分

デイリースポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]