ここから本文です

石油大手がメガソーラーを続々建設、6.2MWを新たに加え総合エネルギー企業化推進

スマートジャパン 8月30日(火)13時55分配信

 石油製品の精製や販売大手であるJXエネルギーは、総合エネルギー企業化を推進。1次エネルギーを顧客に最適な形で届ける「エネルギー変換企業」としてのポジションを狙っている。この流れの中で、従来の石油やLPガスなどの事業に加えて強化しているのが、太陽光発電や風力、バイオマスなど再生可能エネルギー事業である。

【JXエネルギーのエネルギー事業への取り組みの画像】

 特にメガソーラー発電事業については、JXグループの遊休地を活用したメガソーラーの建設に力を入れてきたが、新たに3カ所に建設を行うことを決めた。新たに建設する3件は、富山県富山市の日本海石油構内に建設する富山メガソーラー発電所(2.8メガワット)、福井県坂井市の福井油槽所跡地に建設する坂井メガソーラー発電所(2.8メガワット)、愛知県蒲郡(がまごおり)市の蒲郡ガスターミナル跡地に建設する蒲郡メガソーラー発電所(0.6メガワット)で、2016年12月から順次送電を開始する。

 今回建設する3件を加え、JXエネルギーのメガソーラー発電事業は合計17件、約41メガワットになるという。

最終更新:8月30日(火)13時55分

スマートジャパン

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]