ここから本文です

笑点・木久扇トークショー、開場15秒で満席

デイリースポーツ 8月30日(火)13時58分配信

 落語家・林家木久扇(78)が30日、大阪高島屋で開催中の「笑点 放送50周年特別記念展」内の企画でトークショーを行った。

 開場の午前10時からわずか15秒で40席すべてが埋まり、立ち見を含め約100人が詰めかけた。木久扇は「ありがたい。東京の言葉は大阪の人に『おもろない』と言われるのではと心配していたが、すごいと思いました」と感激していた。

 27、28日放送の日本テレビ系「24時間テレビ39『愛は地球を救う』」で100・5キロマラソンを完走したたい平については「バカですよね。家でテレビを見てる方が楽なのに。でもよく頑張った」とたたえた。たい平はマラソンを題材にした落語を考えているそうで「したたかだね」とニヤリ。

 10月23日には都内で、自身と息子で落語家の木久蔵(40)、孫で小学3年の林家コタの三代で落語会を行うという。

最終更新:8月30日(火)18時10分

デイリースポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。