ここから本文です

藤島康介、画業30周年の自選画集を発売!表紙は描き下ろしのベルダンディー

コミックナタリー 8月30日(火)16時45分配信

藤島康介の画集「藤島康介デビュー30周年記念自選画集 僕と彼女と乗り物と。」が、本日8月30日に発売された。

【この記事の関連画像をもっと見る】

本書には画業30年にわたる作品群の中から自らセレクトした全117点を収録。「逮捕しちゃうぞ」「ああっ女神さまっ」から月刊アフタヌーン(講談社)で連載中の最新作「トップウGP」まで、藤島がデビュー以来一貫して描いてきた、乗り物と人物をテーマにした原画の数々が披露されている。表紙カバーは描き下ろしのベルダンディーが飾り、掲載イラストは通常の約3倍の画素数を誇る高精細スキャンにより、藤島の鮮やかな色調が再現された。さらに藤島の6000字インタビューも収められている。

この画集と連動した30周年記念企画として、藤島の画展も開催。9月27日から10月4日まで、東京・The Artcomplex Center of Tokyoにて行われる。画集に収録された作品の中から、「逮捕しちゃうぞ」「ああっ女神さまっ」のイラストをメインに厳選して展示され、複製原画も販売される。

藤島康介デビュー30周年記念自選画展 僕と彼女と乗り物と。
会期:2016年9月27日(火)~10月4日(火)11:00~20:00 ※最終日は18:00まで 会場:The Artcomplex Center of Tokyo

最終更新:8月30日(火)16時45分

コミックナタリー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。