ここから本文です

テクトムと芝工大が共同研究…CAN情報利用してドライバー情報提供へ

レスポンス 8月30日(火)19時20分配信

テクトムと芝浦工業大学は8月29日、「ドライバー情報提供のためのCAN情報利用方法に関する研究」を共同で取り組むと発表した。

[関連写真]

今回の共同研究は、芝浦工業大学 システム理工学部機械制御システム学科 伊東敏夫教授の研究テーマ「自動車の安全・環境・快適性能を向上させる運転支援システム(ITS・ASV含)の研究」の一環として実施するもの。

伊東敏夫研究室では、来る自動運転、ビッグデータ時代を前提にしたセンシング・制御技術の開発と、認知科学に基づくドライバーの運転特性を主なテーマとして、研究に取り組んでいる。周辺の交通環境に無意識に影響されるドライバー特性が運転操作情報に出現することを応用して、その操作特性から逆に交通状況を推定して情報提示することで、安全・環境・快適向上を目指している。

今回の共同研究は、車両情報の取得・解析ノウハウを持つテクトムと、運転の特徴から周辺の交通予測を研究する伊東教授の知見を融合させ、実際の交通環境での実証開発を行うもの。今後、研究結果をもとに「安全・快適・環境にやさしいクルマ社会」を実現するための情報提供システムを検討する。

最終的な研究成果は、すでに同社製品で実現してきたドライバーに対する情報提供だけでなく、IoT・ビッグデータ分析を通じて、あらゆる方法で道路交通全般に活用できるデータやシステムを開発していく。

《レスポンス 纐纈敏也@DAYS》

最終更新:8月30日(火)19時20分

レスポンス