ここから本文です

“浪速の番長”宮崎亮が王者・田口良一に“キス寸止め”

デイリースポーツ 8月30日(火)14時1分配信

 「ボクシング・WBA世界ライトフライ級タイトルマッチ」(31日、大田区総合体育館)

 調印式、ルールミーティング、前日計量が30日、都内で行われ、同級1位で元WBA世界ミニマム級王者・宮崎亮(28)=井岡=は王者・田口良一(29)=ワタナベ=とともにリミットの48・9キロで一発クリアした。

 “浪速の番長”は蛍光の黄色タンクトップに、これまた黄色一色のど派手シューズ。金縁サングラスをかけ、壇上でJBC・浦谷信彰統括本部長の隣に座り、ふんぞり返った。

 「目立ってやろうと思った。あいつら(東京の選手)に負けたくないですもん」と、視線をくぎ付けにした。

 トークもかましまくった。王者が「いつも通りの自分のスタイルで」と淡々と答弁するとニヤリ。「(日本王座など)いつも東京ではベルトを持って帰るのがルーティン。田口チャンピオンも『いつも通り』やってたら、僕に負けますよ。気を引き締めてやって。僕も気合入っているので」と挑発した。

 王者はなおも淡々。「負けるつもりは全くない。打ち合いでも打ち勝つ自信ある。ダウンはタイミング」と挑発をかわすと、宮崎はカチン。「チャンピオンの言い方、優しいですね。日本人同士の世界戦だし、盛り上げるためにももっと吹いて欲しい。100%勝つつもりで来ている」と、にらみつけた。

 計量後の写真撮影では、顔をギリギリまで近づけ、キスしそうなパフォーマンスに王者はたまらず、逃げた。挑戦者は「盛り上げるためにやっているのに僕が悪役みたい。関西人やし、盛り上げるためにやっている。関東人はなあ…」と前哨戦で王者を食いまくって、ご機嫌だった。

最終更新:8月30日(火)16時39分

デイリースポーツ