ここから本文です

挑戦者コンセプシオン、調印式でグローブに注文

デイリースポーツ 8月30日(火)14時15分配信

 「ボクシング・WBAスーパーフライ級タイトルマッチ」(31日、大田区総合体育館)

 調印式と前日計量がが30日、都内で行われた。グローブチェックでは、両陣営の要望通り、正規王者の河野公平(35)=ワタナベ=が緑色、暫定王者のルイス・コンセプシオン(30)=パナマ=には白色が用意されたが、コンセプシオンが「私も同じ色か黒のグローブでやりたい」と注文を付けるハプニングがあった。

 希望通りのグローブしか用意していなかったため、宮崎が使用しない黒色のグローブを付けることになった。さらに「河野のグローブをチェックしたい。お互いにチェックしよう」と要求。サインを済ませたグローブを互いにチェックした。

 コンセプシオンは「同じコンディションで闘いたいので(グローブチェックは)普通のことだと思う。これまで背の高い選手もKOしてきた。体格差はプレッシャーではない」と自信満々だった。

 河野は挑発とも取れるグローブ交換にも「あまり気にならなかった。亀田(興毅)の時の挑発がすごかったから、今回のは全然効かない」と受け流した。

 「おそらく最初から嵐のように来ると思うので、飲み込まれないように、カウンターで倒したい」と4度目の防衛を誓った。

 また、前日計量は河野がリミットの52・1キロ、コンセプシオンが100グラムアンダーの52・0キロだった。計量を終えた河野は芽衣夫人手製の、コンブとかつお節のまぜご飯のオニギリをおいしそうに口にした。「夕飯はナスと豚のみそ炒めをリクエストしています」と笑顔を見せた。

最終更新:8月31日(水)3時27分

デイリースポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]