ここから本文です

【新潟記念】信頼度低い単勝1番人気馬&ハンデ頭馬

東スポWeb 8月30日(火)21時25分配信

【新潟記念(日曜=9月4日、新潟芝外2000メートル)過去10年ワンポイント】過去10年の単勝1番人気は〈1・0・0・9〉。夏場のハンデ重賞とはいえ、ここまで信頼度が低いレースも珍しい。以下、2番人気〈1・1・0・8〉、3番人気〈0・0・2・8〉と軒並み低調。波乱を決め打ちするのが正解にさえ思える。ちなみにハンデ頭の馬券圏内もわずか2回(1勝、3着1回)。

 ステップ別では小倉記念組が5勝、2着3回、3着4回と圧倒的で、2勝、2着3回、3着1回の七夕賞組が続く。

 今年は小倉記念経由が計5頭(1着=クランモンタナ、2着=ベルーフ、3着=エキストラランド、4着=ダコール、8着=メイショウナルト)。当時が波乱サイドだったためか、上位が軒並み参戦する割には印が薄い馬が多い。素直に小倉記念組中心の組み立てで好配当を狙う手か。

最終更新:8月30日(火)22時22分

東スポWeb

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。