ここから本文です

“ブラビア史上最高画質”再び、ソニーがBMD搭載のハイエンドモデル「Z9D」シリーズを発表

ITmedia LifeStyle 8月30日(火)15時5分配信

 ソニーは8月30日、“ブラビア史上最高画質”をうたう4Kテレビのフラグシップモデル「Z9D」シリーズを発表した。年初の「CES 2016」で注目を集めた新しいバックライト技術「Backlight Master Drive」(以下、BMD)を搭載し、非常にきめ細かいローカルディミングを実現した液晶テレビだ。

従来のローカルディミングではブロック単位でLEDを駆動するが、BMDではそれぞれのLEDが独立して駆動する

 ラインアップは3サイズ。65V型「KJ-65Z9D」と75V型「KJ-75Z9D」を10月29日に発売するほか、100V型モデル「KJ-100Z9D」も11月下旬から受注を開始する(受注生産品)。市場推定価格は、65V型が70万円前後、75V型は100万円前後。また100V型は希望小売価格で700万円(いずれも税別)となっている。

 BMDは、高輝度のLEDを高密度に敷き詰め、そのすべてを完全独立駆動する直下型LEDバックライトシステム。個々のLEDモジュールを非常に近い距離で配置しているが、独自の光学設計によって光の拡散を防ぎ、光漏れを抑えた。同社はLEDの数を公表していないが、「X-tended Dynamic Range PRO」によるピーク輝度向上も合わせ、自発光パネルにも勝るとも劣らないレベルのコントラスト性能を獲得したことは確か。写真は撮影できなかったが、バックライトだけを駆動したデモンストレーションでは、映像の輪郭のみならず、明るさの濃淡まで表現しており、人の顔がアップになると表情まで分かりそうな細かさだった。

 新しい映像エンジンは、従来の「X1」の約1.4倍の処理速度を持ち、さらに画質処理を追加した「X1 Extreme」。通常のSDR(スタンダードダイナミックレンジ)映像をHDR(ハイ・ダイナミックレンジ)相当にアップコンバートする「HDRリマスター」、ノイズ低減を強化したデータベース型の超解像技術「デュアルデータベース分析」、滑らかな色の階調表現を実現する「Super Bit Mapping 4K HDR」を新たに搭載した。HDRリマスターは、従来のように画面全体のコントラストを強調するのではなく、画面内のオブジェクトを判別し、それぞれにコントラストを最適化する仕組みだという。

 

 「4Kテレビが本格的に普及し、HDRが注目される今、映像の制作から出力まで全てを手がけるソニーだからこそ、制作者が意図した映像表現を忠実に再現できると考えている。Z9Dシリーズは、独自の高画質技術と映像のノウハウを駆使してHDRコンテンツの魅力を余すことなくお届けする」(同社)

●背面もきれいなデザイン

 搭載チューナーは地上/BS/CS110°デジタルが各2(録画は1)。さらにスカパー4Kチューナーも搭載しているため、「スカパー!4K」で開始予定の4K HDR放送も楽しめる。もちろん、「NETFLIX」や「ひかりTV 4K」の4K/HDRコンテンツもサポート。プラットフォームにはAndroid TVを採用しており、スポーツ専門のOTT「DAZN」(ダ・ゾーン)、「オンデマンド高校野球」、家族の予定を共有できる「ジョルテカレンダーfor BRAVIA」などが追加される。さらに人気の「AbemaTV」アプリも対応予定だ。

 デザイン面にも注力した。,映像への没入感を高めるため、画面とフレームの段差をそぎ落としたデザインとした。フレーム側面にはスリットを設けてペールゴールドのラインをあしらった。高級感と演出するとともに薄く見える効果もあるという。

 背面はネジや端子類をすべてカバーの下に隠し、格子状のデザインでカバーの存在を意識させない。ケーブルはガイドによって脚の背面を通るように設計されているため、背面はすっきりしている。

 もう1つの大きな特徴は、高輝度LEDを高密度に配置したBMDを搭載しているにも関わらず、Z9Dシリーズには放熱ファンを使用していないこと。駆動音は静か。消費電力は100V型で782W、75V型は443W、65V型は337Wと液晶テレビとしては大きめだが、サイズと画質を考えれば納得てきるレベルだろう。

最終更新:8月30日(火)15時5分

ITmedia LifeStyle

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]