ここから本文です

冨田ラボ新作にYONCE、ネバヤン安部、藤原さくら、水カンら

音楽ナタリー 8月30日(火)18時0分配信

冨田ラボが11月30日に5枚目のオリジナルアルバム「SUPERFINE」をリリースする。

【この記事の関連画像をもっと見る】

「SUPERFINE」には全10曲を収録予定。冨田は今作の制作にあたり、SuchmosのYONCE、never young beachの安部勇磨、かせきさいだぁ、水曜日のカンパネラ、CICADAの城戸あき子と若林とも、ceroの高城晶平、KIRINJIの堀込高樹、坂本真綾、Sugar's CampaignのAvec Avec、AKIO、藤原さくら、イルリメこと鴨田潤といったバラエティに富んだ面々をボーカリストや作詞家として迎え、レコーディングを行っている。

アルバムリリースに先駆け、9月23日に「Radio体操ガール feat.YONCE / 雪の街 feat.安部勇磨」が配信リリースされることが決定。本日8月30日にこの2曲のティザー映像がYouTubeにて公開された。なお「Radio体操ガール feat.YONCE / 雪の街 feat.安部勇磨」はApple MusicやAWA、LINE MUSICなど定額制音楽配信サービスで取り扱われるほか、500枚限定の7inchアナログとしてHMVレコードよりリリースされる。

タワーレコード店頭で「SUPERFINE」を予約した人には、このアルバムがレコーディングされた東京・Red Bull Studios Tokyo Hall にて10月30日に行われる、アルバム「SUPERFINE」の先行試聴会および冨田ラボのトークセッションのイベント応募券が先着で配布される。またタワーレコード オンラインで予約した人には予約完了後2日以内に応募専用サイトが案内される。

冨田ラボ「SUPERFINE」収録曲(※曲順未定)
・Radio体操ガール feat.YONCE          [作曲・編曲:冨田恵一 / 作詞:かせきさいだぁ / ボーカル:YONCE(Suchmos)]・雪の街 feat.安部勇磨 [作曲・編曲:冨田恵一 / 作詞・ボーカル:安部勇磨(never young beach)]・冨田魚店 feat.コムアイ [作曲・編曲:冨田恵一 / 作詞:ケンモチヒデフミ(水曜日のカンパネラ) / ボーカル:コムアイ(水曜日のカンパネラ)]・鼓動 feat.城戸あき子 [作曲・編曲:冨田恵一 / 作詞:若林とも(CICADA) / ボーカル:城戸あき子(CICADA)]・ふたりは空気の底に feat.高城晶平[作曲・編曲:冨田恵一 / 作詞・ボーカル:高城晶平(cero)]・荒川小景 feat.坂本真綾[作曲・編曲:冨田恵一 / 作詞:堀込高樹(KIRINJI) / ボーカル:坂本真綾]・笑ってリグレット feat.AKIO[作曲・編曲:冨田恵一 / 作詞:Avec Avec(Sugar’s Campaign) / ボーカル:AKIO]・Bite My Nails feat.藤原さくら[作曲・編曲:冨田恵一 / 作詞:鴨田潤(イルリメ、(((さらうんど)))) / ボーカル:藤原さくら]・SUPERFINE OPENING(instrumental)[作曲・編曲:冨田恵一]・SUPERFINE ENDING(instrumental) [作曲・編曲:冨田恵一]

最終更新:8月30日(火)18時0分

音楽ナタリー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。