ここから本文です

阪神・藤浪、初回に7失点でKO 1イニングの失点は自己ワースト

デイリースポーツ 8月30日(火)18時46分配信

 「中日-阪神」(30日、ナゴヤドーム)

 阪神先発の藤浪晋太郎投手(22)が初回、満塁弾を浴びるなどで大量7点を奪われた。1イニング7失点は自己ワースト。二回の打席で代打・森越を送られ、1回8安打7失点で降板となった。1回KOは、プロ4年目、99試合目の登板で最短。

【写真】グランドを見つめる金本監督 その表情は…

 先頭の大島に遊撃への内野安打を許すと、四球と捕逸で無死二、三塁のピンチを迎える。続く森野に二塁への内野安打を浴びて先制を許した。

 なおも無死一、三塁で福田が放った三ゴロの間に1点。1死二塁では平田に左前適時打を浴び、この時点で3点を許した。

 立ち直れない藤浪は、1死満塁から杉山に投じた初球を捉えられた。左翼ポール際へのグランドスラムで、計7失点。その後の2死満塁のピンチは何とかしのいだが、打者13人の猛攻を受けた。

 藤浪はここまで6勝9敗で、敗戦投手となればプロ4年目で初の2桁敗戦となる。

最終更新:8月30日(火)19時23分

デイリースポーツ

スポーツナビ 野球情報