ここから本文です

宝井理人のデビュー10周年イベント、来春開催!「テンカウント」5巻は本日発売

コミックナタリー 8月30日(火)18時20分配信

宝井理人「テンカウント」の5巻が、本日8月30日に発売された。

単行本は通常版に加え、「黒瀬陸×城谷忠臣にいてんごフィギュアセット」が付属する特装版も。数量限定のため、希望者は各店舗に問い合わせよう。またアニメイト全店と、一部店舗を除くとらのあなでは、グッズ付きの通常版と特装版を用意。アニメイトではラバーストラップ、とらのあなでは缶バッジバインダーと缶バッジ2個が付属する。

【この記事の関連画像をもっと見る】

そのほかの一部書店でも、単行本の購入者にイラスト入りの特典をプレゼント。また単行本のほか、マスコット2個とイラストブックがセットになった「カラコレ黒瀬陸×城谷忠臣セット&ミニイラストBOOK」も数量限定で販売される。

なお宝井のデビュー10周年を記念したイベントが、2017年3月10日から4月2日に東京・原宿のAREA-Qにて開催されることも決定した。詳細はイベントの特設サイトにて発表されていくので、ファンは心待ちにしておこう。

宝井理人デビュー10周年 Double 10 Count - Secret Party
期間:2017年3月10日(金)~4月2日(日)会場:AREA-Q

最終更新:8月30日(火)18時20分

コミックナタリー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。