ここから本文です

ノルウェーの高原で落雷、トナカイ323頭が死ぬ

ロイター 8月30日(火)19時10分配信

[オスロ 29日 ロイター] - ノルウェー南部の遠隔山岳地帯、ハダンゲルビッダ高原で26日、雷を伴う嵐が発生し、落雷によりトナカイ323頭が死んだ。当局が29日、明らかにした。

トナカイは折り重なって死んでおり、多くは角が絡み合っていたという。トナカイは危険にさらされると群れる習性があり、死因が1度の落雷だったのか、複数だったのかは不明。

自然調査機関の当局者は、ヒツジやトナカイが落雷を受けて死ぬ例は時々あるとしながら「このようなケースは初めて」と語った。

この日、現場は湿度が極端に高く、落雷が誘発されたとみられている。研究機関の上級研究員は文書で「地表と空中の湿度が高かったことが、このような大量死につながったと考えられる」と述べた。

ハダンゲルビッダ高原には約1万2000頭のトナカイが生息し、食用のため年間2000頭の狩猟が認められている。

最終更新:8月30日(火)19時10分

ロイター

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。