ここから本文です

EVA2号機ビーストモードにゴジラの細胞を注入、全長約38cmのフィギュア発売

映画ナタリー 8月30日(火)18時47分配信

全国公開中の「シン・ゴジラ」と「新世紀エヴァンゲリオン」のコラボレーション企画「ゴジラ対エヴァンゲリオン」より、フィギュア「エヴァンゲリオン2号機ビースト“G”モード」が発売される。

【この記事の関連画像をもっと見る】

全長約38cmの本商品は、「もしエヴァンゲリオンに“G細胞”を投入したら?」という考えのもと作られたもの。生物の組織を変質させる“G細胞”を組み込んだEVA2号機は、隆起した岩のような背びれや長く伸びた尻尾など、随所にゴジラの要素を見て取れる。

価格は3万2400円。本日8月30日にバンダイ公式ショッピングサイト・プレミアムバンダイにて予約受付がスタートした。商品の発送は2017年2月を予定している。

最終更新:8月30日(火)18時47分

映画ナタリー