ここから本文です

Azure SQL DatabaseがJSONに正式対応

@IT 8月30日(火)16時13分配信

 米マイクロソフトは2016年8月24日(米国時間)、クラウド型データベースサービス「Azure SQL Database」でJSON(JavaScript Object Notation)フォーマットを正式にサポートしたと発表した。

 Azure SQL Databaseでは、JSONテキストからのデータの読み取り、JSONテキストからテーブル型式への変換、SQLテーブルデータのJSONフォーマットへの変換を補佐するビルトイン関数を提供する。JSON関数では、JSONテキストからの値の抽出、JSONからのオブジェクトの抽出、JSONテキスト内の値の更新、JSONテキストが適切な型式であることの確認、JSONテキストからテーブル構造への変換などが行える。

○JSON対応で何ができるようになるのか

 Azure SQL Database上で、JSONを使用するサービスと簡単に統合できるようになる。例えば、モダンなWebサービス、モバイル対応、HTML5/JavaScriptシングルページアプリケーションに加え、JSONフォーマットデータを含む「Azure DocumentDB」などのNoSQLストアでデータの作成/交換を行うワークロードや、各種のシステムやサービスから収集されたログやメッセージを分析するといったシーンに適用できる。

○現代的なフレームワークやサービスとのデータ連携を容易に

 RESTサービスや「Azure App Services」など、JSONフォーマットでデータを交換するサービスや、「Angular JS」「ReactJS」「D3.js」「JQuery」などのJSONを利用するコンポーネントやフレームワークの利用者は、新しいJSON機能により、Azure SQL Databaseに保存されたデータを容易にJSONフォーマットで抽出し、現代的なサービスやアプリケーションと連携できるようになる。

○JSONデータを簡単に統合可能に

 JSONデータをAzure SQL Databaseへ取り込み、Azure SQL Databaseに対応する任意の言語やツールを使って、ロードされた情報のクエリと分析を行えるようになる。

 例えば、モバイルデバイスやセンサーデバイス、「Azure Stream Analytics」や「Visual Studio Application Insight」などのJSONを生成するサービス、Azure DocumentDBや「MongoDB」などのJSONフォーマットでデータを保存するシステムの利用者が、Azure SQL Database上でJSONデータのクエリや分析を行いたいシーンに向く。

○データモデルをシンプルに

 構造化されたリレーショナルデータと、JSONテキストとして保存されたスキーマレスデータを、同じテーブルに組み合わせられるようになる。データベースへ、リレーショナルデータと半構造化データのどちらも保存してクエリする必要がある場合や、NoSQLデータプラットフォームのようにデータモデルをシンプルにしたい場合に向く。

最終更新:8月30日(火)16時13分

@IT

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]