ここから本文です

井上尚弥の相手が練習公開「チャンスをものにしたい」

デイリースポーツ 8月30日(火)19時52分配信

 「ボクシング・WBO世界スーパーフライ級タイトルマッチ12回戦」(9月4日、神奈川・スカイアリーナ座間)

 王者・井上尚弥(23)=大橋=に挑戦する同級1位のペッチバンボーン・ゴーキャットジム(31)=タイ=が30日、横浜市内のジムで練習を公開。縄跳びとシャドーボクシング、ミットとサンドバッグを打ち込んだ。「得意なパンチは左フック」と言い、打ち下ろしで放つ独特のフックを披露した。

 2010年の初来日以来、過去4回と来日経験は豊富だが、2012年には河野公平(現WBA世界スーパーフライ級王者=ワタナベ)に8回判定負けするなど、4戦全敗。だが、現在16連勝中と乗っており「調整はうまくいっているし、減量も問題ない。あと3ポンド(約1・4キロ)くらい。井上は日本のスーパースターなので、闘えてうれしい」と話した。

 14年9月に井上尚がWBO世界ライトフライ級王座の初防衛戦でサマートレック・ゴーキャットジム(タイ)を11回TKOで下したときには、サマートレックのセコンドに付いていた。「エキサイティングな試合だったけど、今回はそれほど興奮していない。右ストレートとボディーを警戒して、各ラウンドしっかり対応したい。チャンスをものにしたい。(勝率は)五分五分と思う」と自信も見せた。

 今回の世界初挑戦では97年に勇利アルバチャコフ(協栄)を破った元WBC世界フライ級王者チャッチャイ・サーサクン氏(リングネームはダッチボーイジム)を招き、指導を受けている。チャッチャイ・トレーナーは「改善点を伝えるとすぐに対応できるのが彼の長所。パンチをよりシンプルに出せるように指導した」と説明した。

最終更新:8月30日(火)20時8分

デイリースポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]