ここから本文です

この発想とセンスはなかった……! “パンの袋をとめるアレ”みたいな髪留めが考案される

ねとらぼ 8月30日(火)17時5分配信

 Twitterで、“パンの袋をとめるアレ”のような髪留めが考案され話題になっています。主に食パンの袋に付いてくるアレですが、アレをそのまま髪の毛にアレして束ねたような見た目がなんだかかわいらしいです。

【手首に付けてもシュールで面白い】

 正確には“パンの袋をとめるアレ”にヘアゴムが付いていて、それで束ねたところをさらにアレで留めている形になっています。Twitterではこの「パンの袋になれる髪留め」に、「かわいい!」「面白い」という声の他、「買う」「めっちゃほしい」「ほしすぎる」と販売を希望する多くの声が。

 制作者のたばねさんに伺ってみたところ、パンの袋をとめるアレの形自体は誰もが知っているのにもかかわらず、使い道がパンの袋を留めることしかないこと。しかもそれに加えて「バッグ・クロージャー」という名前すら知られていないという点に妙なかわいらしさを覚え、もっとフォーカスしたいと思った事が制作のきっかけだったそう。ネット上で他の新たな使い道やネタを見ながらも「うまく機能と見た目がリンクした物を……」と考えていたところ、友人の結んでいた後ろ髪とパンの袋の結び目が頭の中で重なり、実際に作ってみたのだとか。

 素材は3ミリのアクリル板で、イラストレーターで輪郭のデータを作ってレーザーカッターで切り出し。本体に付いているヘアゴムは、手芸店にあったという土台付き装飾用ゴムを使っているそう。たばねさんは「一発ギャグ的ネタは思いついた瞬間が1番自分が楽しく作れると思ってるのでなるべく腐らせないうちに作れるようにしています」と、思いついたその日にすぐデータを作り、翌日には切り出しというペースで作ったといいます。なんという行動力!

 量産については「多数の販売希望をいただき大変うれしい」としながらも、バッグ・クロージャーそのものの権利の関係もあるため、個人の趣味作品という範囲に収めておくとのこと。ただ「厚紙や布やプラ板など使ってオリジナルで作ってみるのも楽しいかもしれませんね!」と、製作を勧めるコメントもしています。確かに厚紙でならすぐできそうかも……!

画像提供:@_tabaneさん

(宮原れい)

最終更新:8月31日(水)11時11分

ねとらぼ

豊洲へなぜ市場移転 経緯と課題

築地から市場が移転される豊洲で、都が土壌汚染対策をしていなかったことが発覚。そもそもなぜ豊洲に移転するのか、経緯と課題を知る。