ここから本文です

比嘉愛未の母親は“北川景子似”? 親子ショットに「綺麗すぎる」「お母さんも美人」の声

ねとらぼ 8月30日(火)18時6分配信

 モデルで女優の比嘉愛未さんが母親との2ショットをInstagramに投稿。比嘉さんに負けず劣らずの美貌に、「お母様綺麗すぎる」「やっぱお母さんも美人さんなんですね~」「お母さん北川景子に似てる」と称賛の声があがっています。

【曾祖母との2ショットも】

 写真は6月25日に発売された比嘉さんの2nd写真集「flap」のオフショット。「#母でございます #似てきた# やっぱり親子ね」というハッシュタグの通り、目元や笑みを浮かべる口元などがよく似ています。

 7月には、101歳だという曾祖母との2ショットも投稿。比嘉さんに寄り添われながらカメラに向かってピースするおちゃめな姿に、ファンからは「101歳でピースなんて可愛いひいおばぁちゃんですね」「美人さんおばーですね\(^o^)/」「いつまでもちゃ~がんじゅ~で(о´∀`о)」(沖縄の方言で「ずっとお元気で」の意味。比嘉さんは沖縄県のうるま市出身)といった言葉が寄せられていました。ちなみに「flap」は全編沖縄で撮影されているそうですよ。

最終更新:8月31日(水)11時45分

ねとらぼ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。