ここから本文です

違うそうじゃない いらすとや「IT土方のイラスト」が文字通り過ぎてツッコミが止まらない

ねとらぼ 8月30日(火)18時59分配信

 フリー素材のいらすとやが8月28日に公開した、「IT土方のイラスト」が人気です。“IT土方”とはシステム開発現場で過酷な長時間労働を強いられているエンジニアをやゆした表現ですが、イラストでは建設労働者らしき男性がPCを操作しているイラストになっていました。違う、そうじゃない。

【同じく人気の「AIに支配される人達のイラスト」】

 つなぎを着てヘルメットを被り、首にタオルを掛けた姿はまさしく建設労働者。そしてその格好のままPCを操作すれば、IT土方の出来上がりです。出来上がらねえよ。

 このイラストを見たユーザーからは「工事の現場事務所やないかい」「ITじゃない方の現場監督っぽい。日が落ちたあと事務処理してる時」「工事現場のおっちゃんが日報打ってるところじゃないのかな?」「ゼネコンの現場事務所という意味ならかなり正しい」といった建設労働者にしか見えない系のツッコミと、「知ってるー完成しないピラミッド(※)を作ってるんでしょ?」「きっといつ上司に殴られても大丈夫なようにヘルメット」「見たまえ、これが20万人月と言う奴だよ。これが20万人並んでいるのがみずほ銀行の本当の姿なのだ(※)」といったシステムエンジニア視点からのボケ、双方のコメントが寄せられています。

※みずほ銀行のシステム統合開発案件のこと。20万人月(1人で作業したら20万カ月=1万6666年掛かる作業量)に及ぶ超大規模案件だが開発に致命的な遅れが生じており、破綻の危機にあるとうわさになっている。そこでは壮絶なデスマーチ(開発作業遅延によりプロジェクト全体が過酷な長時間労働を強いられること)が繰り広げられ、エンジニアの間でも「絶対に入りたくない案件」になっているといううわさも。あくまでもうわさ。なお、20万人月はピラミッド建設と同じ規模といわれており、「完成形の見えないピラミッドを延々建てている」と表現される。

 なお、いらすとやではこのイラストを投稿した翌日に「AIに支配される人達のイラスト」を投稿しており、相変わらずキレが半端ありません。

最終更新:8月30日(火)18時59分

ねとらぼ