ここから本文です

本田圭佑、イチローへのリスペクト語る「努力を続けられる人」

デイリースポーツ 8月30日(火)23時46分配信

 サッカー日本代表のFW本田圭佑(30)=ACミラン=が、30日放送のテレビ朝日系「報道ステーション」にVTR出演し、マーリンズのイチロー外野手(42)について「努力を続けられる人」「満足しない精神、見習わなければいけない部分でしょうね」と、リスペクトする思いを語った。

 本田は番組のインタビューで、イチローが今の自分と同じ30歳でメジャー記録となるシーズン262安打を達成したことに「あの大記録、30(歳)で成し遂げたんですか」と感心。「僕がイチローさんにコメントすること自体がおこがましい話ですけど、努力を続けられる人。ちょっとずつステップアップしなきゃあかんよという、満足しない精神、見習わなければいけない部分でしょうね」と、42歳になった今でもメジャーで活躍するイチローへの尊敬を口にした。

 自身については、「俺はその天才の部類だと思ってないから」と謙虚な姿勢。「死ぬほど失敗して、最終的にこんなヤツおったなという部類やから。凡人から飛び出した変人やから。人よりもたくさん失敗して、それを自分につなげて楽しんでいます」と、自分を表現した。

 日本代表はW杯アジア最終予選に向けた合宿を行っており、9月1日に初戦となるUAE戦を迎える。本田は「99・9%、最後になるでしょう。そういう思いでやっています。今まで以上に使命感は湧いています。ワールドカップに行かせるという使命感であったり、いいサッカーをしないといけないという使命感であったり。できるだけ多くの人に喜んでもらいたいという思いも正直あるし」と、最終予選への思いを語った。

最終更新:8月30日(火)23時47分

デイリースポーツ

スポーツナビ サッカー情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]