ここから本文です

錦織、1、2セット連取から第3セットを落とす

デイリースポーツ 8月31日(水)1時46分配信

 「テニス全米オープン・男子シングルス1回戦」(30日、ニューヨーク)

 4大大会初優勝を目指す第6シードの錦織圭(日清食品)は初戦で世界ランキング96位のベンヤミン・ベッカー(ドイツ)と対戦。第1、2セットをともに6-1で連取したが、第3セットを3-6で落とした。

 第1セットはベッカーのサービスゲームで始まり、錦織がいきなりブレーク。3-1で迎えた第5ゲームもブレークすると、5-1での第7ゲームもブレークしてこのセットをものにした。

 第2セットは錦織のサービスゲームから。第1ゲームはベッカーに0-40のトリプル・ブレークポイントとされたが、そこから盛り返してキープ。2-1での第4ゲームをブレークすると、4-1から第6ゲームもブレークし、第7ゲームをキープした。

 第3セットはベッカーのサービスゲームから。2-2での第5ゲームは、錦織が後ろ向きからの又下ショットを披露するなどしたが、ベッカーがキープ。第6ゲームは錦織が40-0から「エアケイ・ショット」を決めてラブゲーム・キープ。しかし、錦織が3-4で迎えた第8ゲームをベッカーにブレークされ、続く第9ゲームもキープされた。

最終更新:8月31日(水)2時13分

デイリースポーツ