ここから本文です

藤子・F・不二雄の世界へトリップするファンブック、渋谷直角や星野源も

コミックナタリー 8月30日(火)22時53分配信

「藤子・F・不二雄ファンブック F-Trip」が、9月3日に発売される。

同書では藤子・F・不二雄の出身地である、富山県高岡市にオープンした「高岡市 藤子・F・不二雄ふるさとギャラリー」と、今年5周年を迎える「川崎市 藤子・F・不二雄ミュージアム」を中心に藤子Fの世界を特集。藤子Fのゆかりの場所を訪ねる「高岡・川崎のF的歩き方」を掲載するほか、毎年春に公開される「ドラえもん長編作品」についてもフィーチャーしていく。

【この記事の関連画像をもっと見る】

また渋谷直角によるスネ夫の旅についてのエッセイや、星野源がSF(すこしふしぎ)なFワールドの旅へと向かう「星野源と旅するFワールド」といった特集も展開。さらにドラえもんのイラスト入りのショルダーポーチも付属する。

最終更新:8月30日(火)22時53分

コミックナタリー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。