ここから本文です

ダークホラーで納涼…!「もののべ古書店怪奇譚」などフェアで描き下ろし特典

コミックナタリー 8月30日(火)23時0分配信

紺吉「もののべ古書店怪奇譚」など、マッグガーデンの作品を対象とした「ダークホラーフェア」が、全国のフェア参加書店にて開催されている。

【この記事の関連画像をもっと見る】

紺吉「もののべ古書店怪奇譚」1~2巻、磐秋ハル「屍町アンデッド」1巻、渡辺千紘「PYGMALION-ピグマリオン-」1巻といった、マッグガーデン発のダークホラー作品を集めた今回のフェア。対象の3タイトルいずれかの単行本を購入した人に、各作家による描き下ろしマンガを収録したリーフレットをプレゼントする。フェア参加店などの詳細は、マッグガーデンの公式サイトにて確認を。

マッグガーデン ダークホラーフェア 対象作品
紺吉「もののべ古書店怪奇譚」1~2巻磐秋ハル「屍町アンデッド」1巻渡辺千紘「PYGMALION-ピグマリオン-」1巻

最終更新:8月30日(火)23時0分

コミックナタリー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。