ここから本文です

鈴木則文の特集上映に「徳川セックス禁止令」「少林寺拳法」「パンツの穴」など21本

映画ナタリー 8月30日(火)23時10分配信

ヤクザ、お色気、コメディ、アクションと多ジャンルにわたる作品を量産した映画監督・鈴木則文。2014年に逝去した鈴木の監督作を集めた特集上映が9月3日から23日にかけて東京・シネマヴェーラ渋谷にて行われる。

【この記事の関連画像をもっと見る】

特集では1965年に公開されたデビュー作「大阪ど根性物語 どえらい奴」から、菊池桃子が銀幕デビューを飾った1984年公開作「パンツの穴」まで全21本を上映。ラインナップにはほかに藤純子(現・富司純子)が主演を務めた任侠シリーズの第2作「緋牡丹博徒 一宿一飯」、時代劇とポルノ映画を融合させた「徳川セックス禁止令 色情大名」、菅原文太と川地民夫のコンビが悪人に立ち向かう人情劇「まむしの兄弟 恐喝三億円」、千葉真一が少林寺拳法を創設した宗道臣を演じた「少林寺拳法」、原作者の水島新司も出演している「ドカベン」などが並び、多彩な作品を制作してきた鈴木の歩みを俯瞰できる企画となっている。

初日の9月3日にはトークショーを実施。映画評論家の柳下毅一郎とマンガ家・映画監督の杉作J太郎が登壇する。

鈴木則文復活祭!
2016年9月3日(土)~23日(金)東京都 シネマヴェーラ渋谷<上映作品>「大阪ど根性物語 どえらい奴」「パンツの穴」「緋牡丹博徒 一宿一飯」「徳川セックス禁止令 色情大名」「まむしの兄弟 恐喝三億円」「少林寺拳法」「ドカベン」ほか料金:一般 1400円 / シニア、会員 1000円 / 大学・高校生 800円 / 中学生以下 500円

トークショー
9月3日(土)17:50 開演<出演者>柳下毅一郎 / 杉作J太郎

最終更新:8月30日(火)23時10分

映画ナタリー