ここから本文です

森脇健児、たい平の感動武道館ゴールを絶賛「陸上競技者としてうれしかった」

スポーツ報知 8月30日(火)18時9分配信

 タレントの森脇健児(49)が30日、TOKYO MX「5時に夢中!」(月~金曜・後5時)にゲスト出演。27、28日に放送された毎夏恒例の日本テレビ系「24時間テレビ39 愛は地球を救う」のチャリティーマラソンに挑戦した落語家・林家たい平(51)が、100・5キロを走り切ったことを称賛した。

 TBS系クイズ・バラエティ番組「オールスター感謝祭」の人気コーナー「赤坂5丁目ミニマラソン」で優勝経験のある森脇は「100・5キロを走りきることはすごいこと。走った後に一礼していた姿に、陸上競技者としてうれしかった」と、疲労困憊の中での礼を重んじる姿勢に感心していた。

 この日は東京のスタジオを飛び出し、地元・京都からの出張生放送ということもあり、京都・洛南高校陸上部の後輩でリオデジャネイロ五輪の男子400メートルリレーで銀メダルに輝いた桐生祥秀(20)=東洋大=らの激走に影響を受け、「地元の愛宕山、比叡山を走りまくってます」と興奮気味に語っていた。

最終更新:8月30日(火)18時46分

スポーツ報知

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。