ここから本文です

【F1】アリヴァベーネ 「クラッシュによりダブル表彰台が台無し」

ISM 8月30日(火)17時11分配信

 フェラーリ代表のマウリツィオ・アリヴァベーネは、ベルギーGP決勝のスタート直後にターン1で起きた接触事故によりダブル表彰台を逃したと考えている。

 キミ・ライコネンとセバスチャン・ヴェッテルはセカンドローからレースをスタートさせたが、ラ・ソースでマックス・フェルスタッペンを含めた3台のクルマによる接触事故に巻き込まれた。

 ライコネンとヴェッテルは順位を落とし、壊れたパーツの交換のためピットインを強いられた。

 ヴェッテルは6位、ライコネンは9位でレースを終えたが、コンストラクターズチャンピオンシップでのレッドブルとの差がさらに開いてしまった。

 アリヴァベーネは4戦連続で表彰台を逃したことを「残念だ」

 「両ドライバーが表彰台を獲得してグランプリを終えるだけのペースがあったかもしれない」

 「残念ながら、最初のコーナーでの事故が我々のレースを台無しにした」と悔やんだ。

 それでもアリヴァベーネは、フェラーリにとって最も重要なモンツァでのホームレースに向けて自信を見せている。

 「ポジティブだと思えることは、ダメージが広がったものの、我々のクルマが速く、回復力があることを証明したことだ」

 「そして、それは次回のモンツァでのホームグランプリに向けていい前兆になる」

 「チームも積極的に行動し、トラックでもマラネロでも団結していた」(情報提供:GP Update)

最終更新:8月30日(火)17時12分

ISM

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]