ここから本文です

三浦大知「甥っ子のヒーローになれる」仮面ライダー新シリーズの主題歌歌う

音楽ナタリー 8月30日(火)23時42分配信

三浦大知が10月2日(日)にテレビ朝日系にて放送がスタートする仮面ライダーの新シリーズ「仮面ライダーエグゼイド」の主題歌を担当することが発表された。

【この記事の関連画像をもっと見る】

「仮面ライダーエグゼイド」は平成仮面ライダーシリーズの第18弾となる作品。主人公・宝生永夢(ほうじょうえむ)は医師で、“ドクターライダー”という設定は仮面ライダーシリーズ史上初めて。宝生は人類の命を守るために仮面ライダーエグゼイドに変身し、悪との戦いを繰り広げる。宝生役には、「第28回ジュノン・スーパーボーイ・コンテスト」のグランプリである飯島寛騎が抜擢された。

三浦はこの作品に「EXCITE」という楽曲を提供する。彼は本日8月30日に東京都内で行われたこの作品の制作発表記者会見に登壇し、「常に愛されている作品の主題歌に選んでいただいてうれしいです」とコメント。自身の甥っ子が「仮面ライダーゴースト」のファンであることを明かし「会うたびに眼魂をねだられて大変です(笑)。今回の発表のことは、すぐに彼に言おうと思います。甥っ子のヒーローになれますね」と語っていた。

最終更新:8月30日(火)23時42分

音楽ナタリー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。