ここから本文です

【侍U18】寺島、香港相手に5回12K!2番手・島と無安打リレーで快勝

スポーツ報知 8月30日(火)17時53分配信

◆第11回U―18アジア選手権 ▽1次リーグA組 日本19―0香港=7回コールド=(30日・台中インターコンチネンタル)

 高校日本代表は、今秋ドラフト1位候補左腕・寺島成輝(履正社=3年)が開幕戦で5回12奪三振無安打無失点と快投。最速153キロ右腕・島孝明(東海大市原望洋=3年)とのノーヒットノーランリレーで、2大会ぶり5度目の優勝に向けて白星発進した。

 初回先頭から4者連続K。許した走者は2回2死からの四球による1人だけで、15アウトのうち、12個を三振で奪った。最速150キロ左腕は「初戦ということで、チームに勢いがつくように攻めたつもり。いい結果が出たと思います。初回に打者が振ってくると思ったので、直球で押していこうと思いました」と胸を張った。

 打線は10点リードの3回1死二塁で、3番・鈴木将平中堅手(静岡=3年)がチーム1号の右越え2ランを放つなど、計17安打で19点を奪って大勝した。

最終更新:8月30日(火)17時55分

スポーツ報知

スポーツナビ 野球情報