ここから本文です

【オリックス】アウト判定がリプレー検証で覆り2―2の同点に

スポーツ報知 8月30日(火)19時31分配信

◆ロッテ―オリックス(30日・QVCマリン)

 オリックスの3回の攻撃で、本塁でのクロスプレーの判定がアウトからセーフに覆った。1点ビハインドの3回1死二塁から、安達が右前に安打を放った。二塁走者の西野は三塁を蹴り、そのまま本塁へ。ロッテの右翼・荻野貴からの好返球もあり、一旦はアウトの判定だったが、オリックス側からの抗議があり、リプレー検証が行われた。

 約3分間の協議を経て、球審の大和審判員が「走者の足の方が先だった」と説明し、判定がセーフに覆った。2―2の同点で試合が再開された。

最終更新:8月30日(火)19時36分

スポーツ報知

スポーツナビ 野球情報