ここから本文です

ブチコ全弟シロニイ、日曜小倉5Rでデビュー

スポーツ報知 8月31日(水)6時7分配信

 注目の白毛馬がついにベールを脱ぐ。ブチコの全弟・シロニイ(牡2歳、栗東・池江厩舎)が、日曜の小倉5R(芝1800メートル)にスタンバイしている。「テンションが高いところがあったけど、だいぶ落ち着きが出てきた。いい傾向だと思う」と池江調教師は好気配を感じ取る。

 姉のブチコはダート路線で活躍。見た目も白毛にぶち模様のキュートなルックスで人気を集めているが、弟も真っ白な馬体に加え、右目がブルーという特徴を持っている。ゲート試験をパスした後、放牧を挟み、8月3日に再入厩。24日には、鞍上に予定している浜中が騎乗し、栗東・CWコースで6ハロン83秒2―11秒9としまいは鋭く伸び、上々の仕上がりをアピールした。「追うごとに動きは良くなってきて、体も締まってきた。スタミナタイプだし、勝負根性もありそう」とトレーナー。初戦から好勝負が期待できそうだ。(持井 麻衣)

【関連記事】

最終更新:8月31日(水)6時7分

スポーツ報知

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。